上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.22 岐阜城攻め
ぱっと思いついたので投下します。

私個人は城を見るのが好きです。まあそんなにいろいろ見たわけではありませんが・・・

城好きなひとの理由としては
・戦国時代が好き
・城には男の浪漫がある
・歴史が好き
・プラモデル好き
とまあありますが、私としては

時代は違えど実際に戦国武将と同じ場所にいるということだけでもヨダレもんですよ(^¬^*)ジュル
また、軍師だったらどう城攻めしたりしたら効率が良いか考えることも醍醐味の一つであります。
(けっして変人じゃないよ~(; ̄Д ̄))

それではまず第一回目は個人的に一番好きな
岐阜城!!
岐阜城1

そうです。織田軍に所属している君ならわかるでしょう。
織田信長の居城です!

岐阜城(ぎふじょう)は、岐阜県岐阜市(旧・美濃国井之口)の金華山(稲葉山)にある山城跡。織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城である。城跡は岐阜城跡(ぎふじょうあと)として国の史跡に指定されている。

で何がすごいって?

ふふふふ


なんとこの岐阜城の天守閣に行くには
金華山ロープウェー運賃 大人(12歳・中学生以上)往復1,050円

でいくのだ!!

?というひとは図で見てもらうとわかりやすいです。


岐阜城

この山(金華山 標高329m)のてっぺんにあるのが岐阜城です・・・・
はじめに作り始めた人(二階堂行政)何考えているのだか・・・・w

そして今は頂上のロープウェイ乗り場にはなぜか?

リス村がある!!

さてさて話がそれてしましましたが、あくまで城攻め考察で立てたカテゴリの為本題に・・・

現代では


ボタン 



ポチ


















原爆

これで一発ですが、戦国時代ではそうはいきません。


画像でもわかるようにこの山城は戦国時代では難攻不落と言わしめたほどです。
(戦国時代のイゼルローン要塞と言いましょうかw)

ではどうやって信長は岐阜城(稲葉山城)を落としたのか?
それは
内部から壊していった。つまりWIKIから応用すると
信長は斎藤家の有力な家臣でいわゆる西美濃三人衆と呼ばれる稲葉良通(一鉄)、安藤守就(道足)、氏家直元(卜全)の内応工作を進め、また稲葉山攻略の重要地である墨俣の支配を進める。西美濃三人衆が内応を約束し、人質を受け取ってくれと連絡してくると、信長は村井貞勝・島田秀満を受け取りに向かわせつつ、すぐに兵を集め、美濃へ攻め入った。突然の侵攻に龍興は何もできず、信長は城下の井口まで攻め入ってこの町を焼き討ちし、稲葉山城を包囲した。龍興は城を脱出して長良川を下り、伊勢の長島へと脱出する。城主の逃亡によって稲葉山城は陥落し、大名としての斎藤氏はここで滅亡した。

つまり信玄の名言にあるように『人は城、人は石垣、人は堀』にあるように
いくら巨大な城や軍事を持っていたとしても、最後は人次第ということです。

さて、ここからが考察ですが、
まず狙うのはこの2点
・山頂にある
・山が木で生茂っている

①山頂にある

もちろん山頂にあれば戦局を有利にもっていくことができます。なぜかというと
映画とかで上から銃で狙いやすく、下からだけ角度の関係で当たりにくくなっているからです。
戦国時代でも弓や火縄銃でも同じことですね。
又、上から見たほうが戦局を把握しやすく、敵の行動を監視できるからです。

ですが、今回の金華山ですが、標高が高く、平地に山が一つある状態なので戦時中は上記項目は有効に活用できなかったと思います。
なぜ、難攻不落かというと山頂が高いので、攻める際にはかなりの疲労がたまると思われます。そこを狙い撃ちされたのでしょう。

攻めにくい?たしかにそうでしょう。
こんな山私でも徒歩ではいきたくないのですから。
何が言いたいのかというと
こちらも攻めることがむずかしいので相手も援軍(補給)がむずかしいと考えるのです。
なのでわたしが提案するのは持久戦
相手の食糧がなくなるまで岐阜城と全方向から兵で囲んでしまい孤立させればよいのです。

②山が木で生茂っている

①でもし城に食糧が大量にあったらどうするんだ?と不安になるあなた!
そんなあなたは秋に城攻めを行いましょう。

画像で見る限り木が生い茂っており、確実に岩山ではありません。
秋と言えば食欲の秋、さつまいもの季節ですね。

たき火だ♪たき火だ♪落ち葉たき~♪

そうです!
つまり火攻め!!

秋がくれば落ち葉や枯れ葉がたくさん落ちています。
火はある程度の風があると火災疾風という現象が起こり瞬く間に広がります。

火災疾風とは
火災が空気(酸素)を消費し、火災の発生していない周囲から空気を取り込むことで、局地的な上昇気流が生じる。これによって、燃焼している中心部分から熱された空気が上層へ吐き出され、それが炎をともなった旋風になる


上記でのべているとおり平地に山一つなので風上をみてどの地点からでも火攻めが可能なのです。

まあこんなことでしょうw
難攻不落と言っている割にはいままで7回も陥落しているのであまり難しそうではなさそうですしね^^;

ではではまた機会がありましたら^^ノ
みなさんも是非城を観光する際は如何にして落とすか考えてみてもおもしろですよ~^^
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurorosengoku.blog136.fc2.com/tb.php/132-4e9a35f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。