上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浅井・朝倉連合軍を滅ぼし勢いにのっている織田信長は、周辺の敵勢力をすべて根絶やしにしていった。

朝倉氏を攻略して織田領となっていた越前国で、地侍や本願寺門徒による反乱が起こり、信玄がなくなったいま甲斐国の武田勝頼が東美濃に侵攻してくる。

信長や徳川家康は甲斐の武田氏に対しても反攻を強ており、武田方は織田・徳川領への再侵攻を繰り返していた。


信長 『信玄亡き今、武田など、烏合の衆にすぎんわ!いまこそ武田を壊滅せててくれようぞ!』

信長は3万人の大軍を率いて岐阜から出陣し、5月17日に三河国の野田で徳川軍8,000人と合流する。
しかも当時最新兵器であった鉄砲を3000丁準備していた。


信秀 『グハハハ!ついに我が同盟にも大量の鉄砲が支給されるということか!』
小姓 『いえ、夢まぼろしには一丁も支給されません。』

信秀 『そなの・・?ショボ―――(ll´д`)―――ン』

小姓 『信長様はまったくと言って良いほど信用しておりません。』

織田信勝 『いままでの行動でまだ織田軍に在籍することすら奇跡ですからねw』

小姓 『それ(鉄砲)よりも信長様より重要な役目を伝言言付かっております。
信秀たちは武田の騎馬隊をひきつけれるだけひきつけろということです。』

・・・・・さかのぼること半刻まえ

信長 『武田の囮(生贄)は信秀たちでよかろう』
小姓 『しかし、さすがに武田騎馬をひきつけるとはいえ、味方ごと鉄砲隊で一斉射撃するとは・・・w』

信長 『べつにいいよ。夢まぼろしだし。ハナクソ(σ- ̄)ホジホジ』

・・・・・・・




信秀 『信長様がこのわたしどもにそんな重要な役目を!感動の為涙が!!ヨョヨョヨョヨョ。+゚(ノД`)゚+。ヨョヨョヨョヨョ』
小姓 (泣いちゃってるよ・・・まさか生贄とおもってないだろうな^^;)

織田信長・徳川家康連合軍3万8000と武田勝頼軍1万5000とが決戦地が設楽原集結していった。
戦国時代、織田の画期的なアイディアの三段撃ちをでも有名な長篠設楽原(設楽ヶ原)の戦いが幕を開けようとしていた・・・


つづく・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurorosengoku.blog136.fc2.com/tb.php/58-65edd45a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。